« ガチャピンとムック ~典拠のはなし~ | メイン | わたしたちは迷う »

4月の特集☆新入生に贈りたい本 その2

データ部メンバーから募った「新入生に贈りたい図書」を紹介する企画。本日は中学生を対象としたおすすめ本を再掲します。
新年度が始まってピカピカな気分の中、ぜひ図書室/図書館/書店などで気になる本を手に取ってみてください!
――――――――
◎中学校生活を想像してみる編
伝説のエンドーくん

まはら三桃 (著)
小学館(2014.4)
とある中学校を舞台にした、短編連作集です。主役は生徒ではなく先生たち。先生たちはどんな風に生徒と向き合っているのか?中学校の伝説の存在、エンドーくんの正体とは?


14歳、明日の時間割
鈴木るりか(著)
小学館(2018.10)
こちらは現役の中学生だった著者が書いた、中学生が主人公の短編集。ほのぼのとした中学校生活が伝わります。装画が矢部太郎さんなのですね。中学生時代、わたしも空を飛んでた気がします。たぶん。


◎とびきりはなれた世界に浸ってみる編
ナニュークたちの星座
雪舟えま(文)カシワイ(絵)
アリス館(2018.11)
物語+イラスト+漫画で綴られる本。ナニュークとは、子どもにしか見つけられない石を採取するクローンのこと。成長し役目を果たせなくなったとき、37922号がとった行動とは?大人っぽい装丁なので、いわゆる"児童書"から一歩踏み出したいひとに。


あしながおじさん
(新潮文庫)
ジーン・ウェブスター(著) 岩本正恵(訳)
新潮社(2017.5)
孤児のジュディは、名前も年齢も秘密の紳士(あしながおじさんと勝手に命名)から大学進学の援助を受けることになり...。いわずと知れた名作です。シンデレラストーリーぽいイメージで語られがちかもしれませんが、シンデレラ、こんなに勉強してないよ?学びも友情も恋愛も。キャンパスライフがきらきらしてます。


◎教養小説に触れてみよう編
君たちはどう生きるか
(岩波文庫)
吉野源三郎(著)
岩波書店(1982.11)

漫画君たちはどう生きるか
吉野源三郎(原作) 羽賀翔一(漫画)
マガジンハウス(2017.8)
学校の先生に薦められて読んでみた、というデータ部メンバーより。原作は1937年(昭和12年)の刊行。15歳のコペルくんの中学生活は、現代と変わっているようで変わらない。インパクトのある表紙の漫画版なら、小学校高学年くらいからでもいけそうです。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク