« きょうのデータ部☆(8/24) | メイン | 奥付を使いまわす話(初級編)―和漢古書の奥付(補遺1) »

パナシェって何かしら?

8月の木曜日は、この時期ついつい手が伸びる「シュワシュワの飲み物」をテーマにお送りします。

今月、久しぶりに妹と外食しました。暑い日の夕方、ベトナム料理を食べながら1杯のビールが美味しい。食事はそろそろ終わりだけど、もう少し飲みたいなーという気分のとき、目に留まったのがパナシェ。

たしかビールのカクテルでレモンジュースかなんかで割ったものだったかな? メニューには高知の文旦使用と書いてあります。土佐の水晶文旦、あの香り高いミカンは大好きなので、さっそく頼んでみました。

見た目はビール、でもたしかに柑橘類の味がして、少しだけ甘く、さわやかなシュワシュワ。おいし~い! アルコール度はたぶんビールの半分なので、少し飲みたいけど酔いたくないときにはちょうどよいですね。

つくり方をあらためて調べてみると、ビール×レモンスカッシュ(レモネード×炭酸)、だそうです。で、レモネードとはレモン×はちみつ、なのですね。とはいえ、ビール×CCレモンでもいいみたい。ちゃんとレモンをしぼったり、好きな柑橘を使ったり、お手軽に売っているレモンスカッシュをつかったり。おうちでもできそうです。

ビール×レモンスカッシュと思うと、なんだか愉快です。オトナのものにコドモのものが混ざっているからでしょうか。懐かしい気分にもなりました。昔、母の知人が高知から毎年送って下さった水晶文旦を思い出したのもあるけれど、ビールの苦みをまだおいしいと思えなかった時分が、よみがえったからかもしれません。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク