« きょうのデータ部☆(4/26) | メイン | 外国語で書かれた本~MARCや検索のはなし~ »

ヤギ

4月の雑記テーマは「大人になっても好きな児童書」です。


私が好きなのは「三びきのやぎのがらがらどん」。
三匹のやぎがトロルの待つ橋を渡る、あのお話です。


最初にいちばんちびのやぎが渡り、次は2ばんめのやぎ、最後におおきなやぎが来て、ドーン! トロルはこっぱみじんに。


ストーリーがどうこうというよりも、圧倒的に大きくて強そうな最後のやぎの迫力と、三段オチのような登場の仕方が、子ども心にとても楽しかったのを覚えています。
大きいやぎさん、頼もしい!!


すごく大きなヤギは本当にいるそうで、たとえばシロイワヤギは、オスで体長140~190cm、肩高90~114cmもあるそう。
超大型犬のグレートデーンや、アイリッシュウルフハウンドよりも大きいです。

WEBで画像検索をしてみたのですが、雄々しく断崖に立つ姿は、かなりのかっこよさ。
そして、まったく勝てる気がしません。


もとはノルウェーの民話なのですが、おなじ民話を元にした「三びきのやぎのどんけろり」という本も最近出版されていました。
いまの子どもたちも気に入ってくれるといいな。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク