« データ部紹介~メンテナンス・典拠~ | メイン | 受賞作の舞台は? »

データ部紹介まとめ

先週は1週間にわたりデータ部の部署紹介をさせていただきました。

実物の図書や録音・映像資料を見ながら、人の手を使ってMARCを作っている、というTRC MARC作成の雰囲気が伝わりましたでしょうか?


新刊書を例にすると、

「新刊目録」で受付→「分類/件名」で分類と件名を付与→「内容/目次」で内容細目ファイルを作成→「典拠」で典拠ファイルを作成→「新刊目録」に戻ってMARC入力→完成

こんな風に各部署をまわってMARCは作られているのです。(ものによっては、ない作業もあります)


最後に、写真では紹介できないデータ部の特徴をひとつ。
それは「音」です。
集中力が何より大事なデータ部、キーボードやプリンターの音が目立つくらいの静けさは、たとえるなら、「試験中の教室」とおなじくらいなのでは、と常々感じているのでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/84

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク