« 受賞作の舞台は? | メイン | 東京タワー »

あなたのお仕事何ですか?   

~ MARC概論 第1回 ~

TRCデータ部勤務の私が密かに恐れていること、それは「どんなお仕事してるの?」という質問に手際よく答えねばならない機会に出くわすこと。

とりあえず…
回答例 その1 MARCを作ってます。MARCっていうのは…(以下シドロモドロに続く)
→ 正解なのですが、時間切れの上にわかりにくくて、大抵不評。

そこで…
回答例 その2 図書館関係です。
→ でも、「関係ってなんだよ」と自らツッコまずにはいられません。

こうなるともう…
回答例 その3 本屋だよ、本屋。
→ ヤケです。しかもウソです。しかもしかも、どう曲解したのか「相変わらず元気に立ち読みしてる?」などと挨拶されるようになる始末。

これではいけない! なんとか己の仕事の認知度を高めねば! 

というわけで、この場をかりて「MARCとは何か」というお話をしたいと思います。

MARCとは・・・MAchine‐Readable Cataloging の略です。
日本語だと「機械可読目録」。1冊の本が持っている様々な情報を、コンピュータで管理・閲覧できるように構築されたデータベースです。
「様々な情報」というのは、例えばタイトル・著者(責任表示)・出版者・発行年・大きさ・ページ数などがあります。

これらの情報は本によって当然ながら違います。
この世には日々大量の本が生まれでていますが、その1冊1冊のオリジナリティの証である詳細なプロフィール、それがMARCなのです。
わかりやすいイメージだと、すごーく詳しい戸籍のようなものでしょうか。
(ということは私たちは戸籍係か。どうりで、お役所の窓口で見かけると親近感がわくと思った…私だけ?)

次回は、実際のMARCの例をご紹介します。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/87

コメント (3)

キミノナワ:

自分の仕事を的確にかつ簡単に説明するのって難しいですよね
大学に入り、下宿の大家さんに挨拶に行った際「お父さんはどんなお仕事を?」と聞かれて「金融業です!(銀行員)」と答えたところ、「貸金屋さんか~そら、たいそうなお仕事やな(関西弁)」と返され、慌てて訂正したことがありました

新刊目録 池田:

キミノナワさん、こんにちは。
そう、なかなかどうして難しいですよね。
「営業です」とか「経理なの」とか、スマートに言い抜けていく人々を何度羨ましく見送ったことか…。(「金融業」にも落とし穴があろうとは思ってもみませんでしたが)
「とりあえず、家族の理解を得るところから」という視点で書いてみました(身近すぎる…哀)。
ところで、キミノナワさんの逸話(?)の大家さん、なにか身にしみる体験がおありだったのでしょうか。気になります~。

キミノナワ:

言われてみれば、、大家さん何かあったのかもしれませんね
酔うとゴキゲンになり、店子に寿司折(サザエさんの波平さんのように紐で下げて)を持って来てくれたりする、気のいいお風呂屋さんでしたが

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク