« 「月刊新着AV案内」発行しました | メイン | TRC MARCの特長 その1 »

カタロガーが見る風景

カタロガーに必要なものの1つは集中力。

スピードかつ正確さを要求されるデータ部は、みな集中して作業を行っています。しかも共同作業が少なく、個々にパソコンに向かっている時間が多いため、私語は殆どありません。
その、部署全体にみなぎる独特の緊張感は、他部署の人が不用意に入るのをためらわせるほど。データ部結界と呼ばれているとかいないとか。

とはいえ、外からみれば、よくわからないがゆえに、MARC作成ってなんだか大変そう、あまり面白くないのでは?なんて思われる方もいるかもしれません。
正直言えば…大変です。でも、それ以上に、これがとても面白かったりするんです!

現物図書を手にとると、手元にあるのがたとえ数分でも、その本の世界を覗くことができます。
「世界の車窓から」というTV番組がありますが、あんな風に列車に乗っていて、ときたま素晴らしい風景、心にのこる場面が窓から見える。そんな感じでしょうか。途中下車して堪能することはできないけど、景色が一瞬のうちに次々と変わり、あきることはありません。
しかも、私たちが見る風景は、世界どころか、宇宙や銀河系、また哲学などの精神世界だったりと本のテーマによって異なり、実に幅広い。
そう、作業しながら、1人1人が本をめぐる旅をしているようなものです。

基本的には覗くだけでどっぷりは入りこまないので、読み込んでしまい作業の手が止まる、なんてことはありません。でも、面白いと思った本はチェックしておいて後日手に入れてプライベートな時間に読んだり、メンバー同士で「あの本おすすめ!」なんて情報交換したりしているんですけどね。

ちなみにいま私の手元にあるのは、パンダの赤ちゃんの本。

パンダ育児日記
中国パンダ保護研究センター編 / 日本パンダ保護協会編 / 斉 鳴訳 / 馮 革訳
二見書房 (2007.2)
通常2-3日以内に発送します。

(本の帯には日本パンダ保護協会・名誉会長の黒柳徹子さんのコメントが記載)


いまちょうど休憩時間なので、少しぐらいなら世界に入りこんでもよいでしょうか?

ムム…か、可愛いっ。手のひらで持てるほどにちっちゃい赤ちゃんパンダ、わわっとあくびするパンダ、地べたにぺた~っと寝っころがるパンダ、パンダ、パンダ。
ああ、心が和む…すっかり癒されました。

癒されたところでもうひとがんばりです。


明日はMARC概論の後半です。皆様お楽しみに!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/99

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク