« 今日も一日おつかれさま | メイン | 今日が山だ、本が山だ »

外国の人でも作ります

これまでは、日本人の著者の例ばかりをあげてきました。
でも今の時代、日本人が書いた本ばかりが出るわけではありません。
日本以外の国の人が出てきても、当然人名典拠ファイルを作ります。日本以外の国の人のうち、中国・韓国など漢字圏の国の人を「東洋人」、それ以外の人をまとめて「西洋人」と分けています。(あくまで便宜的に)

「東洋人」は日本人のファイルと同様、見出し(統一標目)は漢字が採用されます。

例:11000098819-0000 毛/沢東  モウ,タクトウ

それに対して「西洋人」の見出し(統一標目)は、アルファベットの形が採用されるのです。
そこが「西洋人」ファイルの特徴ですね。

例:12000030148-0000 Twain,Mark  トウェーン,マーク

「西洋人」で大変なのは、翻訳の違いや発行された年代によって多様な形が出てくるのを、ひとつにまとめること。上のMark Twainを例にすると、
マーク・トウエーン
トウェイン
M.トウェイン
トウヱーン
マークトゥエン
などといったように、図書によってまったくちがうイメージの名前で出てきます。
これを吉本ばなな←よしもとばなな方式と同じやり方(第4回参照)でつなげています。
同じ人が別人扱いにならないよう、すでにファイルができていないかしっかり検索をする。これが大切なのです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/138

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク