« 見るべきポイントはどこですか? | メイン | ライオンも図書館に来ていいですか? »

はっきりさせた、そのあとで

4月になりました。
新年度のスタートです。
それでは今週も「人名典拠」のはなし、はりきって参りましょう!


人名典拠ファイル(には限りませんが)を作成するとき、「根拠をはっきりさせる」ことが大切だと、前回簡単な例で説明しました。
今回はその続き。はっきりさせたあとのお話です。

見出し(統一標目)を決めるとき、たとえばほかの参考資料に別の形の名前が出ていて、いくつかの候補の中から決めることがあります。
芭蕉の奥の細道紀行に随行した河合曽良を例にすると、

河合曽良 根拠:国立国会図書館著者名典拠録
曽良    根拠:国書人名辞典
岩波曽良 根拠:日本人名大事典

とありました。
この時は、国立国会図書館著者名典拠録の「河合曽良」を見出しに決定。しかし候補に上がったものの、惜しくも選ばれなかった形(「曽良」や「岩波曽良」)からも、決まった見出し(統一標目)にたどりつけると便利ですね。そこで、それらの名前に「こっちを見てね」という参照機能を持たせるのです。

11000029711-0000     河合/曽良
←11000029711-4001    曽良
←11000029711-4002    岩波/曽良

これを直接参照といいます。「曽良」と検索しても「岩波曽良」と検索しても、見出しは「河合曽良」ですよ、と道案内をしてくれる。「ひとつの形に決める」と「いろいろな形から検索できる」という二つの目的にかなうシステムになっているのです。

*直接参照に関しては、よくご質問をいただきますので、またのちほど詳しく説明する機会を設けたいと思っています。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/148

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク