« 定年後の本ではありません | メイン | さらばデータ部 »

しつこいようですが…

先週は、手変え品変えの校正攻撃のお話でした。

どうしてこんなに何度も校正を繰り返すかというと、本の返却期限が迫っているから。第1回でも触れましたが、MARC作成に使用している本は、取次から借りている商品見本です。借りたものは返さねばならないのが世の道理。そこで、実物が手元にあるうちに確認できることはすべて確認しようと、目を皿のようにして校正作業に励んでいるのです。
自館の蔵書として、いつでも実物を見られる図書館とは、こんなところが大きく違いますね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/186

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク