« その注文、しかと承ります。~受発注係~ | メイン | AV MARCができるまで »

巨大倉庫でピッキング

%E5%80%89%E5%BA%AB0706151.JPG

第3回データ部ログ志木研修レポートです。
在庫している本の注文を受けると、翌日、一斉に在庫本の抜き取り作業(ピッキング)に入ります。ここには全在庫のうち、約1万8千タイトル、105万冊もの本があるそうです。倉庫内はとにかく広い広い。右も左も前も後ろも本だらけです。
果たしてこの膨大な数の本の中から、我々は目指す本にめぐり会えるのか?!(めぐり会えたら感動のあまり涙が出るかも…)

%E5%80%89%E5%BA%AB070615.JPG

そんな心配をよそに、倉庫内は、何列目の棚の何段目にどの本が何冊あるか、すべてコンピュータで管理されていました。ピッキングの際にはこのハンディスキャナーが活躍します。伝票のバーコードを読むと必要な情報が表示されるので、画面と伝票、本、冊数を確認し、人の手でカートに入れながら集めてまわります。

この後、集めた本はベルトコンベアの上を装備工場へと流れて行きます。汗水流して(本当)抜いてきた本が、「ただの本」からついに「図書館資料」としてデビューしようとしています。頑張っておいで!

それにしても、すごい運動量でした。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/209

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク