« AV MARCができるまで | メイン | bk1基地も兼ねています »

職業病

本日、「週刊新刊全点案内」1525号を発行しました。
掲載件数は1066件です。

*こんな本がありました*

舞妓Haaaan!!!
宮藤 官九郎著
角川書店 (2007.6)
通常24時間以内に発送します。

映画の大掛かりなキャンペーンには書籍も付きもの。「最近あちこちで宣伝見るなあ」と思っていると、会社にも本が続々とやってきます。これは「舞妓Haaaan!!!」関連では2冊めのシナリオ本。

しかしこの映画、なかなか「データ部魂」を刺激するタイトルです。
どこがってもちろん、「a」の数ですとも。さらにスペシャルなことに「!」も3つ。

「いくつあるのか?」「いつでもどこでも同じ数か?」…テレビや電車の中吊りを見ても気になって仕方がない。しまいには、「発音されてるのを聞くと2個分くらいにしか聞こえないけど…」などと謎の勘ぐりまで。ビョーキです、はっきり言って。
というわけで、データ部に到着した見本も丁寧にチェック。情報源によって数が違っていたりするのも、MARC作成上は大問題。(誇張じゃありません。大真面目なんですよ、ええ。)さんざんひっくり返して数えてみました。結果、「a」は4個、「!」は3個で間違いなしと確認終了。ひと安心。

というのも、以前同じようなパターンで失敗したことがあるのです。
ある日、ふと気づくと先輩が出版社に電話しています。手元にあるのは、どうも私が入力した絵本らしい。
「タイトルのことでお聞きしたいことがありまして。はい。「あ」の数なんですが…。ええ。「きゃああ…」の「あ」の数がですね…表紙は●個で奥付は▲個なのですが、どちらが正しいのか教えていだたけますでしょうか…」
先輩、ごめんなさい。数えてませんでした。そして、「どんな問い合わせだよ、あたしったら…」というお顔を見て、遠慮なく笑っちゃいました。ごめんなさい。(今頃言ってもダメですか)

何の絵本だったのかはナイショ。おわかりになった方、ぜひご一報ください!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/211

コメント (2)

通りすがり:
新刊目録 池田:

お、正解!
この時は「デザインの都合で…」というような回答をいただいたはず。確かに、写真を見ると「あ」が絶妙な(?)バランスで並んでいますね。
でも、検索に使うコンピューターは律儀ものなので、一文字の違いでアウトなこともあるのですよ。>出版社さま

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク