« 職業病 | メイン | 装備といえば…? »

bk1基地も兼ねています

第4回データ部ログ志木研修レポートです。
志木ブックナリーでは、図書館だけではなく個人のお客様が注文された本も扱っています。
そうです、ここは、あの「オンライン書店bk1」の物流基地でもあるのです。bk1を通じて注文された本は、ここから旅立っていたんですね。

070620.JPG

注文内容と本のISBN、冊数をきちんと確認し、1点1点、お馴染みの黄色いbk1専用封筒に梱包していきます。同じ本を2冊注文される方もいるので、確認作業は気が抜けません。最後に封筒にしっかりと宛名シールを貼って(あら、このご注文は新潟から。こちらはなんと鹿児島のお客様からのご注文ですね)発送準備完了です。
全国の皆さん、黄色い封筒が届くのを楽しみに待っていてくださいね!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/212

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク