« bk1基地も兼ねています | メイン | セット&ゴー! »

装備といえば…?

第5回データ部ログ志木研修レポート。今日からは片田がお送りします。

図書館が注文した本は倉庫でのピッキング後、装備工場に送られます。
ここでいう装備というのはもちろん武器防具の類ではなく、バーコード・背ラベルやフィルムコートのこと。ここで、本屋で売っている状態の本が、図書館に並んでいる状態の本に加工されているのです。

070621.JPG


装備工場はこんなところ。
ここで各図書館ごとの装備仕様(背ラベル・バーコードを貼る位置とか)に従って必要な装備をしていきます。この装備仕様を専門に扱っている部署もあります。が、その話はまた後日。
バーコードを貼る位置を確認したくなったら目の前の画面を見るだけでいいし、最後のチェックも貼付したバーコードを読み取って、画面と実物を確認するだけでOK。別の人がチェックする必要もありません。ハイテク化が進んでいます!(いまどきその程度でハイテクなんて…ということ無かれ。全部人手の方法も健在な現状では、この工場は画期的なのです。)

ちなみに貼付するバーコードにICが組み込まれている図書館も増えてきました。明日はこのICについて特集します。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/213

コメント (2)

タジマ:

はじめまして。
ブログって良くわからなくて、
取り敢えず、最新らしき投稿にレスしてみました。
志木ブックナリー一度は見学に行って見たいのですが
中々機会に恵まれず、行けていません。
機会があったら一度見学に行きたいですね。
ってこんなコメントで良いのでしょうか(汗
またゆっくり、過去ログも読ませていただきます。

新刊目録 片田:

タジマさんはじめまして。コメントありがとうございます。

志木ブックナリー見学、機会があればぜひ行ってみてください。
志木ブックナリーはどちらかと言うと裏方で(これはあくまで片田のイメージですが…あれ?でもお客さま係なんかはむしろ顔か。)、重要なのにあまり知る機会はありませんものね。

過去ログもぜひお読み下さい。またのコメントをお待ちしております。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク