« 装備といえば…? | メイン | 長い書名の話ふたたび »

セット&ゴー!

第6回データ部ログ志木研修レポート。今日は予告通りICです。

ICって何?という声が聞こえた気がします。(気のせい?)
わかりやすくいうと、最近鉄道各社が導入し始めた「タッチ&ゴー!」というのがICです(古いかも…)。他にも電子マネーのカード等に導入されています。
そのICを図書館で使う意味は何ぞや?と申しますと、

%E7%94%BB%E5%83%8F%20004.jpg

このように貸出手続がまとめて!一気に!出来るようになるのです。
蔵書点検の際の検品も楽々。(これは図書館利用者の方にはあまり関係ないですが…)

%E7%94%BB%E5%83%8F%20006.jpg

専用のリーダーを一定間隔で差し込んでいくだけ。とても楽になります。
ICの詳細はこちら

このIC、クシャクシャにしても、濡れてしまっても大丈夫という強度が売りなのだとか。手元に片田のコーラしかなかったので濡らすのは断念しましたが(ベトベトになっちゃう)、クシャクシャにしても大丈夫なのは実際に見せてもらいました。
濡れても大丈夫というのは、心強いですよね!お茶をこぼしちゃっても大丈夫、とか。でもクシャクシャにって…図書館の現場ではいったい何が起こっているんだろう?ソフトカバーの本でも折れる程度では…「念には念を」ということかな?などと片田は思ったりしたのでした。

次回(来週水曜日)は昨日(第5回)少し話題に上った、装備仕様を専門に扱っている係、仕様書係についてレポートします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/214

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク