« ガチャピンにあってムックにないものな~んだ? | メイン | 眼精疲労と戦います »

新刊案内も作ってます

昨日のエントリーで触れていましたが、先月で終了した長期連載「MARCができるまで」の番外編として、「新刊案内ができるまで」を掲載いたします。「新刊案内」により親しんでいただけますよう、様々な角度からご紹介する予定です。

毎週図書館にお届けしている新刊図書のカタログ「週刊新刊全点案内(新刊案内)」。実は、そのほぼすべての原稿(広告を除く)は、ここデータ部で編集されています。カタログを毎週作る現場ってどんなもの?まずは、部内でも一部の人しか知らない現場のレポートからどうぞ。

~新刊案内ができるまで その1 日々のお仕事編~

「新刊案内」の書籍情報のページは、「ひとまず完成」段階のMARCを元に毎日編集しています。
編集ツールをクリックすると、タイトル・大きさ・分類・内容紹介文etc.…MARCの中から必要な項目が抽出されて、「新刊案内」のレイアウトになって編集ソフトに落とし込まれます。
注文時に便利なバーコードもここで出力。まずはこれを画面上で手直しします。

本によってタイトルや著者名は長短様々。これを同じレイアウトの中に収めるために、改行し、文字間を縮めて上げて下げて…。
文字だらけの新刊案内ですが、その文字が少しでも見やすく読みやすくなるよう、1件ずつ地道に整えていきます。
編集担当に求められるのは、文字間行間のわずかな乱れを見逃さない広角の目と、一発で目的の文字列をドラッグするマウス捌き…か?限られた時間の中、大急ぎで作業します。

編集後はプリントアウトして、手分けをしての校正作業。誤字脱字とレイアウトを同時にチェックして、赤字を入れていきます。

070704-2.JPG

↑日々、こんなページを作ってます。(本がカラフルなので)なかなか華やか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/224

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク