« 眼精疲労と戦います | メイン | 古い本とはいっても色々 »

MARC MANIAXはじまる

~典拠ファイル1~

典拠・望月です。

データ部ログがはじまって、はや半年。今日からまた新しい連載がスタートします。
その名も「MARC MANIAX(まーく・まにあっくす)」。
TRC MARCについて、さらにマニアックに解説していこうという企画です。
「典拠ファイル」「目録」「分類/件名」の3つを柱とし、あれこれ解説をしてまいります。これから毎週金曜日は「MARC MANIAX」が登場。ご期待ください!

第1回~今月いっぱいは、「人名典拠ファイル」について。
簡単におさらいすると、「人名典拠ファイル」とは図書の著者を管理するファイルで、同姓同名を区別したり、別のペンネームを相互に参照できたり、統一標目とは違う形からも引けるようになっていたりします。
(いままでの解説はこちら

その件数がどれだけあるかといいますと、2007年5月25日現在で788,847件。
(この件数は、記述形、参照形すべてを含んだ数です)

このうち統一標目は約59万件。これだけの数の人が本を書いているのです。
千葉県船橋市の人口と同じくらい。
そして、この数は日々増えていっています。
だいたい月に2000~3000件ずつ増加しています。
どうでしょう、なかなかすごい件数ではないですか?

この59万件の中から、同じ人はいないか、別人扱いしていいか確認し、初出とわかれば1件1件作成する。典拠の部署ではこれが繰り返されています。そして、日々データベースとして積み重ねられているのです。


☆明日は七夕☆

p20070706.JPG


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/226

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク