« ひとまず終了です | メイン | 図書館蔵書の悦び »

統一標目はこうして決まる

~典拠ファイル・4~

先週、人名典拠ファイル大解剖のエントリーの中で、典拠ファイルの中に初出の図書のタイトルとそのMARC No.が記録されていると書きました。
今回はその謎に関してです。

TRC MARCが準拠している「日本目録規則1987年版 改訂3版」(NCR)にはこうあります。
「23.2.1.0 人名は、原則として最初に目録記入を作成するとき、その資料に表示されている形を統一標目とする」

「その資料」というのは、目録(MARC)を作成しようとする資料、つまり図書のこと。
初めてMARCを作った図書に書かれている形を統一標目にするのですよ、とNCRでは言っているわけです。TRCでもこの方法を踏襲しています。
(著名な人の場合はちょっと違います。これはのちほど説明します)

初めてMARCを作った図書に磯野フネとあった場合。
統一標目は
漢字形:磯野/フネ
カタカナ形:イソノ,フネ
となります。

例えば佐佐木信綱と佐々木信綱のように、書き方の違いで、どちらが正しいとかいったものではない場合、初出の図書が基準となります。初出の図書にどう書かれているか、によって変わってくるのです。
そこで、どれを根拠として典拠ファイルを作成したかがわかるよう、図書のタイトルとMARC No.を記録しているのです。

NCRには続いて次のようにあります。
「23.2.1.1 著名な、あるいは著作の多い著者については、統一標目はつぎの優先順位による。」
ア)参考資料等において多く用いられている形
イ)多くの著作で一致している形

歴史上の人物であるとか、資料に掲載されているような人物なら、よく知られているその形を統一標目にした方が便利。TRCでは、図書に書かれた形より上位におく資料を決めており、それらを参照しながら統一標目を決定しています。
図書にある形と同じ資料があれば、その資料を根拠に採用。出典をその資料にします。


図書にある形:蜀山人

参考資料にある形:大田南畝

「国立国会図書館著者名典拠録」
「国書人名辞典」(岩波書店)
「日本人名大事典」(平凡社)
「日本古典文学大辞典」(岩波書店)
「コンサイス日本人名事典」(三省堂)
(以上の資料大田南畝であり)

統一標目(11000018648-0000)
《漢字形》大田/南畝
《カタカナ形》オオタ,ナンポ
《出典》国立国会図書館

記述形(11000018648-0004)
《漢字形》蜀山人
《カタカナ形》ショクサンジン

p20070727.jpg
典拠の宝、参考資料。ちょい地味ですが。

---
統一標目が決まったところで、MARC MANIAXは典拠から目録へバトンタッチします。
典拠の解説はしばしお休み。
次週、8月3日からは目録に関するマニアック解説が始まりますよ!

余談ですが、今回の用例で、なぜ磯野フネ(@サザエさん)を使ったかというと、先日フネさん役の俳優が出ている舞台を観に行ったからなのです。フネさんの声を生で聞いて感激。
とてもあたたかみのある声でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/247

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク