« 新刊案内の歴史 2 | メイン | 本屋さんで売ってない新刊書 »

典拠ファイルを解剖してみる・つづき

~典拠ファイル・3~

MARC MANIAX第3回。
さて、前回の続きです。林家木久蔵さんの典拠ファイルから。

《対象冊数》 37件        
《出現フラグ》  図書(著)(件)(内)AV(著)(内)
《相互参照》  11000500357-0000 林家/木久扇
《出典(カタカナ形)》  国立国会図書館<総合>
《出典(漢字形)》  
《初出書誌》  笑説・落語長屋
《TRC MARC No.》  80-09811

《対象冊数》
このファイルの中に収められているMARCの件数です。

《出現フラグ》
このファイルが図書のデータベースに出現したのかAVのデータベースに出現したのか、図書の中でも著者としてなのか、人名件名としてなのか、フラグがどこに立っているかによってわかるようになっています。著:著者、件:人名件名、内:内容細目著者を表します。

《相互参照》
別名の典拠ファイルがあるとき、ここにその典拠ID(前回の記事参照)を入れます。ここを見れば、違う名前で活躍してるかどうか一目でわかります。
この襲名後の名前も、林家木久蔵(2代目)との共著という形で著者として出てきたので、さっそく別ファイルを作成。そしてその典拠IDを追加する修正を行いました。

《出典(カタカナ形)》
統一標目のカタカナ形の採用場所はどこだったか、という根拠を入れます。この場合は、国立国会図書館の「著者名典拠録」からということ。
詳しくは、来週(予定)に掲載しますが、この根拠というのがとても大事なのです。

《出典(漢字形)》
同じく統一標目の漢字形の採用場所。カタカナ形と同じだったので、省略してあります。(だから空欄になっている)

《初出書誌》
初めてTRCの人名典拠ファイルを作った図書のタイトルがここに入ります。

《TRC MARC No》
初出書誌のMARC Noです。
どうして初出の図書の情報が必要なのか。それは次週・金曜日にまた。

以上、典拠ファイルの紹介でした。長々とお付き合いありがとうございました。

最後に。
落語家の木久蔵さんを例にしてみたので、大喜利みたいに「なぞかけ」にチャレンジしてみたいと思います。
典拠ファイルとかけて、一卵性ではない双子と解く。
その心は、区別が容易につく。
う~ん、ちょっと苦しいか・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/234

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク