« 本の形も忘れず記録 | メイン | 私の常識、世間の非常識?! »

特注データって?

はじめまして。データ部特注データです。特注データ・・・あまり聞いたことがない部署名だと思います。なにしろデータ部紹介ですら触れられていない、社内でも一部の人間しか知らない闇の部署ですから。というのはまったくの嘘で、先々週、望月の予告にありましたとおり、データ部再編成によって新たに仲間入りした部署です。

特注データでは、図書館からの「特別注文」に応じて、その図書館のオリジナルのMARCを作っています。図書館蔵書の仕事とよく似ていますが、図書館蔵書で作成されるMARCがTRC MARCとして累積され全国の図書館で使われているのに対し、特注データで作成しているMARCはご注文いただいた図書館のためだけのMARCです。TRC MARCでは扱っていない資料だったり、図書館独自の仕様に合わせて作成したりと、文字通り「特別注文」のMARCなのです。

TRC MARCでは扱えない資料にはたとえば次のようなものがあります。

例1:江戸時代以前に刊行された図書
例2:外国語図書
例3:カードやリストなど図書現物以外の資料
例4:非売品の視聴覚資料

071015_1340~0001_0001.jpg
(左より例1、2、4、3)

例1~3については「明治以降に国内で刊行された和図書」「現物からのMARC作成」というTRC MARC作成の基準から外れています。著作権の許諾が判明しない資料はTRC AV MARCの対象にはならないため、例4のような資料も特注データで扱っています。来週からはこれら特注データで扱っている資料についてもう少し詳しく説明していきます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/308

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク