« 夏の予定は… | メイン | どこにいるかもわかります ~ICタグがやってきた!2~ »

ICタグがやってきた!

さてさて、先週解説いたしましたデータ部のICタグプロジェクト。
今日からは実際にどう使っているかのご紹介です。

ある日のデータ部。
新刊目録の部署のメンバーが、MARCの入力をするため、棚から本を持ってきました。
ICタグの挟まっている本を、各人の机の上にあるアンテナの上に置きます。

p20080213-1.JPG

よいしょっと。

するとMARC入力の画面に、これらの本のデータ内容がポポポポポンッと瞬時に呼び出されます。

080213-1.JPG

↑ほら、このとおり。

ここから、すぐにMARCの入力に移れます。

今まで1件1件検索をしてデータを呼び出し、入力画面を開かなければならなかったのに比べると、格段にラクチンになりました。


■新刊目録 Fさんのコメント
「本を置いただけでデータが呼び出されるのは、ほんとに便利です。いちいち検索してから入力するのは結構手間でしたから。積んだままでOKなのは、ICならではですね。すごいです」

“積んだままでOK”というのは、離れていてもICタグとリーダ/ライタが交信してくれるから。(しくみはこちらを参照)
アンテナにいちいち触れなくてもよいのです。これは画期的!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/395

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク