« 何冊乗せても大丈夫? ~ICタグがやってきた!6~ | メイン | きもかわって、肝と皮? »

本の中身は何だろなっ~内容紹介班紹介③~

実物がなくてもイメージをつかむことができる、お役立ちの内容紹介文にするためには、ただ漠然と書けばいいというわけではありません。いろいろと工夫が必要なのです。

例えば、「今年のイチオシ!」などの宣伝文句調の言葉はさけたり、「○○のノベライズ」「ケータイ小説」「○○警部シリーズ」など、書名で判断できない、他のMARC項目で補足しないようなキーワードは、なるべく入れています。
 
限られた文章量で最大限、本の内容を伝えるために必要なことは何かという工夫のひとつです。

ところで、このようにして作った紹介文。もちろん、その後は必ず再び本と紹介文をつきあわせてチェック(校正)をしています。

p20080225-1.jpg
ゲラに打ち出された紹介文をチェック担当メンバーがしっかり校正

他にも内容紹介文の細かい工夫は山のようにありますが、お伝えしきれず残念。

紹介文作成も、目録作成と同じようになかなか奥が深い作業です。
今後も、情報密度の濃い上質な内容紹介を目指し、工夫を重ねていきます!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/406

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク