« きょうのデータ部☆ (4/9) | メイン | 記述形その2:法然、またの名は... »

長崎市立図書館探訪記・1

典拠・望月です。
きょうから毎週木曜日は、シリーズ企画として「長崎市立図書館探訪記」をお届けします。
遠い九州まで、はるばる行ってきましたのレポートです。

■はじまり
1月のとある日のこと、データ部内で「長崎市立図書館」と「府中市中央図書館」の美しいパンフレットが回ってきました。
この2つの図書館は、ともにPFIという手法を用いて設立され、TRCが運用を担当している図書館です。
府中市中央図書館は2007年12月、長崎市立図書館は今年の1月にオープンした、できたての図書館。いまTRCが総力を挙げて運営に取り組んでいる図書館でもあります。

この美しいパンフレットを見ているうちに、ムクムクと行ってみたい願望が湧きあがってきました。思い立ったが吉日。
というわけで、早速先月行ってきちゃいました。写真をいっぱい撮ってきたので、少しずつご紹介していきます。

※探訪するんだったら、府中市のほうが近いだろうというつっこみは無しでお願いします。
※実のところ、博多に行く用件があったのです。そのついでに寄れたらいいなあと。「ついで」って距離かどうかは謎ですが。

1.迷子
麗らかな土曜日の長崎。小学生がノースリーブでいます。3月にしては暖かい一日でした。長崎駅から徒歩で図書館に向かったのですが、地図を持たずにいたら案の定迷いました。
親子連れに道を聞き、何とかたどり着いたのがこの図書館。
広い空に映えています。

p20080410-1.jpg


こんなところにブックポストが。
どういう仕組みになっているのかは聞きそびれました。
p20080410-2.jpg


入ってすぐのカウンター。1階は緑色を基調としているそうです。

p20080410-3.jpg


この向かい側に雑誌コーナーがあり、やはりにぎわっていました。タウン誌や長崎ガイドの雑誌が見つけやすいところにあるのは、観光客にはありがたいかも。

次週につづく

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク