« 記述形その2:法然、またの名は… | メイン | 薬膳はマズいのか? »

子どもと本との出会い

新刊目録 大谷です。

さきごろお亡くなりになった石井桃子さん。
児童書の世界に大きな業績を残した方です。
まわりのメンバーに聞くと「ノンちゃん雲にのる」をはじめ
エリナー・ファージョンの作品が好きだったとか
思い出話がいろいろと出てきました。

が、私はというと
子どものころの読書量は今のところ人生最大だったハズなのですが
児童書体験があまり自慢できるものではありません。
その時代まだ図書館が身近な存在でなかったため
親が買ってくれていた子ども向け名作全集を主に読んでいて
創作童話とか絵本はあまり接する機会がありませんでした。
友だちの家に「ひとまねこざる」シリーズがあり
遊びに行くとついつい読みふけって友だちにおこられたり
飽きると母の婦人雑誌を読み出してまたおこられました。

もし図書館のやさしいお姉さんが
(超内気なコドモだったためココがポイント)
「こんな本はどう?」と声をかけてくれる環境があったら
自分の読書体験ももっと豊かなものになっていたかも…
と、妄想してみたり。

しかしいつか図書館に並んでいる絵本をかたっぱしから読んでみたい
という野望を抱いています。
(ただしたいていの図書館はカーペットじきの「絵本コーナー」になっていたりして
大人ひとりではなかなか近寄りにくいです…小さい姪をダシにしようかと考え中)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/445

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク