« きょうのデータ部☆(4/1) | メイン | 春は本の山の季節 »

予想通り?~NDC分類別集計~

火曜日の記事でもお伝えしたとおり、
過去最高の新刊掲載数だった、「週刊新刊全点案内」1613号(3月最終号)。
(平均、毎日400冊以上のデータ作成、とにかく必死でした…)
カタログの分厚さにもびっくりです。
では、そんな年度末にふさわしい「新刊案内」を記念して…
というわけではないですが、いきなりクイズ。

0~9類まである日本十進分類法(NDC)。
この一年間で、一番多く新刊に付与されているのは何類でしょうか?


(参:『週刊新刊全点案内』掲載分類別集計/2008年4月からの総計)
p20090403.JPG

■答え
3類です。

一位は、9類だと思ってた方も多いのではないでしょうか?

ちなみにTOPスリーは、3類>9類>5類。
例年、割合が大きく変わることはないです。

しかし、上位はこんな感じかな…と予想はついても、順位まで把握している人は本当に少ないです。

*『週刊新刊全点案内』掲載分類別集計情報はTOOLiで公開してます

コメント (2)

ハミルカ:

NDCに児童書って分類はないですから…
児童書もちゃんと分類ごとに分けて、絵本もTタイプみたいに主題分類して、考えると、逆転もあり得るでしょうか?

データ部菊地:

ハミルカさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
『週刊新刊全点案内』上では、図書館での配架に役立つよう、新刊の掲載を、分類順(0~9類,児童書/絵本の順)を優先条件のひとつとして配列しています。
ですので、今回の結果もあくまで、『週刊新刊全点案内』掲載分類別集計の情報として考えていただければと思います。
ご指摘のとおり、「児童書」を別にしないで集計したら、9類が一位になるかもしれません。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク