« トップページをプチ・リニューアルしました | メイン | 静止画資料のデジタル化 »

べつの人

典拠・望月です。
今日は典拠のこぼれ話をすこし。

先週、新規の著者が、毎日平均80人以上登場するとご紹介しました。
これだけの数が出続けると、結構あるんですね、あれが。
そう、同姓同名の別人。
典拠班では、典拠ファイルにいる人を一人目と考えて、「二人目が出ました」とか「この人、三人目の疑いありです」とかいう風に言うこともあります。


この日、迷った例をご紹介。
典拠ファイルにいたのは、洋画家の秋山泉さん。
同姓同名で登場したのが、子どもの本のさし絵をされた秋山泉さん。
図書の著者紹介には肩書はありませんでしたが、山梨県の出身だとありました。

こ、これは同じ人?それとも二人目?
という訳で調査です。
参考資料に典拠ファイルにいた秋山泉さんの情報を発見!これに出身地が山梨県とあったので、ああよかった、同じ人だったんだ、と思ったとたん典拠の第六感が作動しました。

結構活動歴がある画家の割には、今回の本の著者紹介はあっさりしていました。ここ2~3年の展覧会情報しか載っていません。
インターネットで見た作品と、今回の本の絵と、なんか雰囲気も違う気が。

これは、聞いておいたほうがいいでしょう。
ということで出版社に確認すると、すぐに担当の人が別人だと教えてくれました。
やっぱりべつの人でしたか!
めでたく二人目としてファイルを作成。データを混在させずにすみました。


いろいろ調べて証拠を集め、白黒はっきりさせる。少ない証拠から推理することもある。
典拠の仕事は探偵の仕事に少しだけ似ているように思います。


オンライン書店ビーケーワン:東洋おじさんのカメラ 写真家・宮武東洋と戦時下の在米日系人たち

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/715

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク