« 統一読みの話 第2話 | メイン | 秋と共に来る○欲 »

特注データからASへ

お久しぶりです、特注データです。

とご挨拶したものの、今はすでにこの名称はありません。

今年度より、この「特注データ」と他部署で大学図書館の資料整理などを担当していたチームが1つになり、「データ事業部学術情報ソリューション」(略してAS)という名称に変わりました。

学術的かどうかはさておき、まずは50人近くの大所帯になりました。


組織が変わったといっても、それぞれのチームが従来担当していたことを引き続き行っています。

メインのお仕事は公共・大学・専門図書館ほかさまざまな団体の資料(主に図書です)の書誌データ作成で、基本的には資料をお預かりして社内で作業しています。


お預かりする資料はさまざま。

カラフルな外国語の絵本を見てはほほえましく思ったり、江戸時代の虫食い穴だらけの和装本を見ては時間の流れを感じたり、博物館の展覧会のパンフレットを見ては小学校時代の自由研究を思い出したり、、、。

いろいろな資料に出会います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/809

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク