« フロム・ミョーガダニ その2 | メイン | 洋書と翻訳本を比べてみると… »

変わる名前・変わらない名前

こんにちは。
今日は人名典拠ファイルについてのお話です。


近頃、わたしのまわりはベビーブームのようで、
ここしばらくは毎月のように、友人たちから、
「産まれました ♪ 」という報告メールが届きます。

そんな時、気になるのが赤ちゃんの名前です。
これから一生使っていくことになる名前。
名前を決めるってすごく大変だろうなと思います。
(だから、こういう本もあるわけです↓)

オンライン書店ビーケーワン:赤ちゃんの幸せ吉名事典 2010年生まれ

けれど、産まれてから亡くなるまで同じ名前を使うようになったのは、
明治以降のこと。つまり、ここ100年ちょっとの話です。

では、それ以前はどうしていたかというと..
人名典拠ファイルを作成していてよく目にするのが、

 幼名
 諱(いみな)
 通称
 字
 別号
 筆名

などの名前の種類を表す言葉です。

 子どもの頃は幼名を名乗って、元服すると諱をもらい、
 普段は通称や字で呼ばれて、自分の作品には号を記す

江戸時代以前の人は、こんな風に、
名前を変えたり使い分けたりしていたようです。
昔は、実名で呼ぶことを避けるという習俗があったために、
複数の名前を持つ人が多かったといわれています。

TRCの人名典拠ファイルでは、
図書や参考資料に出てきた号や通称で参照形を作成し、
どの名前からでも検索できるようにしています。

例えばこの人 ↓ (マイナーですが江戸時代の国学者です)

  高林/方朗 タカバヤシ,ミチアキラ
      ← 勝三郎 <幼名>
      ← 舎人   <通称>
      ← 伊兵衛 <通称>
      ← 臣下庵 <号>

このように参照形を作っておけば、幼名、通称、号でも検索が可能になります。

それにしても、人生の各ステージで改名して一旦リセットって..
なんか楽しそうです。




参考資料:「大百科事典」(1985年平凡社刊)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/840

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク