« 変わる名前・変わらない名前 | メイン | マラソンに挑戦 »

洋書と翻訳本を比べてみると…

こんにちは。ASです。

先月、予告しました企画洋書の「クリスマスにおすすめの洋書絵本(英語)」の中から1つ、ご紹介します。

それは、こちら。

オンライン書店ビーケーワン:The Christmas cat
by Efner Tudor Holmes
illustrated by Tasha Tudor

HarperCollins Publishers(c1976)
発送可能時間


この本、翻訳本(和書)が出ていまして、それはこちら。

オンライン書店ビーケーワン:こねこのクリスマス
ターシャ・テューダー
エフナー・テューダー・ホールムス
辻 紀子

いのちのことば社フォレストブックス(2006.9)


表紙が全然、違います。

この本はターシャ・テューダーさんの絵本ですが、洋書の表紙は、和書では裏表紙にあります。

ちなみに、和書の表紙の絵は、洋書では本文中にありました。
日本の人向けにさしかえて使っているのですね。

どちらの表紙もかわいくて印象に残るのですが、皆さんはどちらの表紙がお好みでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/842

コメント (2)

苦沙弥:

洋書の表紙の子猫ちゃん、かわいいですね~…ニャー(=^・^=)。

表紙の絵、和書のは、「子供(だいたい小学生)へのプレゼントにしたくなる」印象で、洋書の絵は同世代の友達にでも子供にでも、どっちもアリですね。"和書の表紙の絵→子供に"というのは自分の好みの問題だと思いますが。


ところで、スミマセン、しばらくブログを覗くのもご無沙汰だったもので。"AS"って、何の略でしょうか?"アカデミック・~(何とかかんとか)"というような…?

AS 野村:

苦沙弥さん、こんにちは。

表紙の絵ですが、和書(翻訳本)を読んでみると、猫を抱いている子どもの絵を表紙にしたくなるのも、わかる気がしました。

さて、ASというのは、「学術情報ソリューション」の略です。
8月31日の「特注データからASへ」も、ご覧くだされば幸いです。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク