« きょうのデータ部☆(6/16) | メイン | 祝ワールドカップ南アフリカ大会~分類/件名のおはなし・13~ »

漢字を入力する話 その3 しっかり調査

漢字を入力する話、前々回前回 はこちらです。

さて、前回は、図書の表示のままでは入力できない漢字たちに、異体字関係にある文字で代用する or 外字にする の二つの運命がある、というところまでお話ししました。

それを決するのが、こちらのデスク。

100617_1722~01.jpg


字典やコードブックをまとめた、漢字専用の調査デスクです。もちろん、漢字のバイブル「大漢和辞典」全巻も別の書架に用意してあります。

謎の漢字を見つけたら、こちらで調査開始。

100617_1715~01.jpg


辞書を引いては、謎の字やそれと関連があるとおぼしき字をコピーして、調査票に貼っていきます。

点がひとつ多い/少ない、棒が長い短い足りないetc.。異体字も、ひとつではなく複数あるかもしれないので慎重に調べます。全部で6種の辞書を引いたら、その結果をもとに検討して、異体字に統一するか外字にするかを決定します。


☆☆☆


さて、話題は変わります。
こうして調査→検討→決定した字が、また別の本に出てきたとき。
同じ字をもういちど調査するのは時間の無駄ですね。データ部では、コードブックに結果を書き込んで、一度の調査で済むようにしています。


しかーし、世の本には、コードブックに載っていない漢字も沢山ありまして。
そこで頼りになるのは、こちらのアナログツールで…。(次の木曜が最終回です)

100617_1718~01.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1014

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク