« 短いタイトル~TRC MARCギネスブックその3~ | メイン | ホンモノそっくりの作りかた »

空をながめて新発見!?~分類/件名のおはなし・14~

先日こんな本が来ていました。

オンライン書店ビーケーワン:すぐにさがせる!光る星座図鑑

この本は、星空に本をかざして星座を確認できる本なのですが
蛍光塗料が使われているので、夜空の下で広げても大丈夫とか。


先日、天体観測をする機会があり
いざ星空の下で星座早見盤を見ようとすると
星は見えすぎて星座は特定できないし、早見盤は真っ暗で役立たず…。
目が闇に慣れて星がよく見えるようになるまで
時間がかかるため懐中電灯がつけられなかったのです。
タイムスリップして先月の自分にプレゼントしたい本でした。

さて分類440天文学.宇宙科学は、
毎年話題に事欠かないジャンルではないでしょうか。

記憶に新しいところでは、小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還しました。
後継機の「はやぶさ2」の開発検討も始まったようです。
昨年の今頃は日本でも皆既日食が観測できるかも!?と
浮き足立っていたように記憶しています。

なかなか世紀の大発見には遭遇できませんが、
では実際に事件が起こってしまうと
分類表上はどうなるのか気になるところです。


昨年の事件といえば、冥王星の惑星からの降格でしょうか。
冥王星については以前にも触れているのでくわしくはこちら↓

歴史的決定~分類/件名のおはなし・5~

まだ一度も見たことがないUFOは日本十進分類法(NDC)8版では
「538.9宇宙飛行.宇宙開発.人工衛星」のところに収めていましたが、
9版で「440.9未確認飛行物体」が新設され落ち着きました。
が、10版が出るまでにもしも正体がわかってしまえば…
440.9からも飛び立ってしまうかもしれませんね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1036

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク