« ニッポンの嵐 | メイン | 同潤会大塚女子アパート »

MARCの番号っていつ付くの?~その2

先週お届けした「MARCや検索のはなし」の続きです。

「週刊新刊全点案内」に掲載するMARCになるためには、2つの関門
<関門その1>基準がたくさんあります!
<関門その2>きみは本当にニューフェイス?
があります、というところまでご説明しました。

今日は、この関門をクリアしてきた本たちにMARCNo.をつける、登録の実作業をお話しします。

<登録の心得>素早く&正確に!
データ部の仕事は、図書にMARCがついていないとできません。登録で手間取ってしまうと、あとに控える作業すべてが滞ってしまいます。(どんな作業が待っているのかは、企画記事「MARCができるまで」
といって、いくらスピーディにこなしても、間違いだらけではやはりいけません。スピードと正確さのバランスをとるのがポイントです。そこで、登録時は

タイトル・著者・出版者・大きさ・発行年月・ISBN・価格

この7項目に重点を置いて入力しています。目録の必要最低限の情報ですね。
入力が完了した時点で発番をします。

関門2つをくぐってめでたくMARCNo.はつきましたが、まだ生まれたばかりのMARC。
みなさんに使っていただく完成MARCにするため、これから分類・件名、典拠の部隊へ動いていき、最終的に目録作成部隊で総仕上げをしていきます。
 
*おまけ*
MARCNo.は8桁の番号からなります。前2桁でMARCを作成した年を表し、新刊MARCの場合、あとは1から連番です(作成部署によって、番号体系はちょっと違います)。
つまり、今年2010年になって初めて作ったMARCNo.は10000001。(ちなみにこの本です)
現在作成中の「週刊新刊全点案内」掲載MARCNo.は、10050000番台に突入しました。

2010年も残り3カ月、どこまで番号が増えるのかちょっと楽しみです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1088

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク