« 同潤会大塚女子アパート | メイン | 世界のカンキツ »

太陽の恩恵~新設件名のお知らせ2010年9月分~

本日発行の『週刊新刊全点案内』は巻頭に「新設件名標目のお知らせ」を掲載しています。
新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、
NDLSHから採用したものも含まれています。

9月は17件の件名を新設しました。
その中に「日光浴」という件名があります。

日光浴という言葉からは、数年前に日焼けで痛い目をみた経験からか、個人的にはしみ・そばかす、皮膚がん、というような負のイメージを連想してしまいがちでした。

ところが人体にとって太陽光を浴びるということは、実は非常に重要なことのようです。
適度に紫外線を浴びることで、体に必要なビタミンDの約半分を作ることができるのだそうです。
ビタミンDは骨や歯を形成するのに必要なので、日光浴をするとくる病や骨粗鬆症の予防に役立つというわけです。
さらに日光浴にはがん予防の効果があるという説もあります。特に大腸がんや乳がんに高い予防効果がある、という文書を見つけました。
たまたま直系の親族にこれらの病歴があったので、思わずドキッとしました。

美白をとるべきか、がん予防をとるべきか・・。
うーん、どちらか一方だけを選ぶことはできません。日焼けをしすぎない程度に、上手に太陽の恩恵を受けるというのがやはり一番でしょうか。

うだるような猛暑からようやく解放され、気持ちよく日光浴をするのによい季節となりました。
休日にはリフレッシュのためにも積極的に外に出かけ、太陽の光を浴びるように心がけようと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1092

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク