« 今年ももうすぐ6万件 | メイン | 秋にはクリスティを »

おいしそうな匂いで包みます

このところいいお天気が続いていますが、立冬を迎えて気温はさすがに冬ですね。この季節、身体が冷え切った時には、自販機のコーヒーもいいのですが、コーンスープがやけに気になったりします。

コーンスープというと、私は入社当時のことをよく思い出します。

当時、新刊目録は今仕事をしているビルのお向かいのビルの4Fにありました。
同じビルの6Fに図書館蔵書があったのですが、人の行き来はそれほど多くなく、私は配属されて挨拶をしに行くその日まで6Fに足を踏み入れたことがありませんでした。

6Fに挨拶にいったそのときの第一印象は、これからお世話になる上司や先輩の姿でもなく、棚の古い本でも、ダンボールの山でもなく、なんとコーンスープの匂いでした。

その匂いのもとはこれ。

201011081145000.jpg

梱包材です。

こんな風に、箱の中に本を詰める時、箱や本同士が擦れあって傷むことのないように、空いている隙間に詰めて、中身を安定させます。図書館蔵書では特に古くなってもろい本や、貴重な本も多いのでかなり厳重に梱包しています。

201011081149000.jpg

以前気になって聞いたところ、原料にトウモロコシは使われていないということでしたが、本当にコーンスープとそっくりの匂いでした。

よくよくかいで見れば、強いにおいではありませんし、今はもう、鼻がなれてしまったのか、材質が少し変わったのか、職場の空気にはコーンスープの「コ」の字も感じられませんけれども。

そんなことを思い出しながら、缶入りのコーンスープを飲んでみると、必ず最後に何粒か缶に残ってしまって、なんだか口惜しい思いをすることになるのでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1116

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク