« 「お客さま係」をご紹介します。 | メイン | 寿限無の国の法律 »

TRC MARCに見たCSR報告書の10年

こんにちは。図書館蔵書 小松です。

毎月、入荷している図書の顔ぶれを見ながら、ブログを書いています。
今、図書館蔵書に目だってたくさん入荷しているのは、一般的に「環境報告書」「サステナビリティレポート」「CSR報告書」・・・などの名前で発行される、企業の社会的責任に関係する活動の報告書です。

この社会的責任という考え方、wikipediaによればアメリカでは1990年代の後半から一般的になってきたそうで、それを裏付けるようにTRC MARCで見るこの種の報告書の第1号は、アメリカの自動車会社、ゼネラルモーターズの「General Motors environmental,health and safety report」でした。

2000年代前半には、国内の企業からも、環境への配慮をメインに報告した「環境報告書」の刊行が相次ぎ、2000年代半ばくらいから、だんだんと「サステナビリティレポート」「社会的責任報告書」「CSR報告書」と名前も変わり、環境のみでなく、従業員の人権や、地域の雇用創出、消費者への情報開示など、多岐にわたる内容を扱う報告書へと変わっていったようです。

この転換期のころは、ちょうど小松が図書館蔵書に配属されたころ。刊行される度にタイトルが変わったり、webに詳細版を載せて冊子はダイジェストになったり、会社が合併したり、発行部署が変わったり・・・といった、この種の報告書ならではの特殊事情に翻弄されたものでした。

最近は、CSRで扱うものが多岐にわたってきたためか、改めて環境を扱ったものと、それ以外のCSRの報告を分けて刊行する傾向が出てきたようです。またまた、ちょっと翻弄される今日この頃。

TRC MARCで、環境報告書やCSR報告書を検索される際は、件名で"環境管理"and 企業名で検索ができます(環境以外のCSRについて多く扱っている報告書に関しては、件名"企業の社会的責任"を付与していますが、"環境管理"も2番目の件名として付与しています)。なかなか普段は見る機会のない報告書ですが、内容は工夫が凝らしてあったり、企業風土が伺えるものも多く、けっこう見ごたえがあります。

9月になって、ちょっと遅まきながら、大人の自由研究として読んだり、それを踏まえて工場見学にいったりするのも、面白いかもしれません。

最近話題だった工場見学本には、こんなものがありました。


オンライン書店ビーケーワン:工場見学首都圏決定版 スゴイ!!
学研パブリッシング 編

学研パブリッシング(2011.7)
発送可能時間
オンライン書店ビーケーワン:親子で行けるおいしい工場見学! 日本縦断! おなじみの人気食品や飲み物などの工場へGO!
オンライン書店ビーケーワン:全国工場見学ガイド 2011 モノ作りの仕組みがわかる217工場 好奇心を満足させる得課外授業!
オンライン書店ビーケーワン:工場見学大百科 調べ学習・ECO学習に役立つ! ものができるまで
オンライン書店ビーケーワン:ニッポンの工場 2011−2012 見たい、知りたい、行ってみたい がんばる現場を知りたい

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1329

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク