« くろうま物語~わたしの思い出の本~ | メイン | ASのお仕事 »

冬は鍋~分類/件名のおはなし・29~

暦のうえでは立春も過ぎましたが、全国的に厳しい寒さが続いていますね。こんな寒い冬に思い浮かべる料理といえば、なんと言っても鍋物。鍋物だけを取り上げた料理の本も多く刊行されていることから、昨年末、検討の結果、NDLSH(国立国会図書館件名標目表)から「鍋料理」という件名を採用しました(「鍋物」は参照語にしました)。単に鍋を使った料理ということではなく、鍋のまま食卓に供して、食卓で煮ながら食べる料理に付与します。と書いているうちに、いろいろな鍋料理が頭に浮かんできました。

オンライン書店ビーケーワン:おうちで本格鍋料理 旨さを引き出すコツを専門店に聞きました

さて、この「鍋料理」に限らず、ここ数年、いろいろな料理関係の件名を採用するようになってきました。2004年以降で見てみますと、「カレー」「ラーメン(麺類)」「キムチ」「スープ」「汁物」(和食の汁料理)「刺身」「駅弁」「ハンバーガー」「おせち料理」などを新たに採用しました。
「カレー」「スープ」「ラーメン(麺類)」などは、よくそれだけで一冊の料理本になったりしています。
また、「カレー」「スープ」などは、様式や材料で細分されているNDC(日本十進分類法)の596では、それ以上分類を展開できないことが多いので、件名による検索が威力を発揮すると思います(NDC新訂9版をご覧ください。596.2以下は「様式別による料理法.献立」で日本料理などに細分。596.3以下は「材料別による料理法」で肉料理などに細分)。日本でのカレーは、もはやインド料理とはいいがたいことが多いですし、材料別というわけにもいきません。
ちなみにスープカレーを扱った本には、件名で「カレー」と「スープ」を付与しています(分類は596)。
オンライン書店ビーケーワン:スープカレーキッチン
スープカレーキッチン
(MARBLE BOOKS)
水野 仁輔

マーブルトロン(2006.1)
発送可能時間

まだしばらく寒い日々が続くようですが、くつくつ煮えた鍋の具をはふはふほおばり、身も心も温まって、風邪などひかずに乗り切っていきたいものです。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク