« きょうのデータ部☆(4/25) | メイン | 超基本なおはなし »

"子"の有る無し ~典拠のはなし~

日々出版される多くの本を見ていると、ある程度の世の中の流れが見えてきます。世論をにぎわせている時事問題、流行っているダイエット法、人気タレントさん、などなど。
先日気になったのは、新島襄の奥さんである新島八重を題材とした本。何冊か続けて目にしました。なんでだろう?と思ったら、2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公なんですね。


オンライン書店ビーケーワン:新島八重の生涯 歴史物語 幕末のジャンヌ・ダルク


オンライン書店ビーケーワン:新島八重と幕末 会津に咲いた八重の桜


オンライン書店ビーケーワン:新島八重 愛と闘いの生涯
吉海 直人

角川学芸出版(2012.4)
発送可能時間


教育家として、また、日本赤十字社の篤志看護婦として活躍した女性だそうです。
さて、この新島八重。人名典拠ファイルの統一標目を見てみると...

 11000273398-0000 新島八重子

おや?八重子?前掲の本のタイトルには八重とあるが?
では新島八重(子)の場合、典拠作業をするにあたり実際調査した参考資料(人名事典など)ではどう掲載されていたのでしょう? 一部をご紹介します。


「日本人名大事典」平凡社1990年刊 ・・・・・・・・・・・・・ 新島八重子
「幕末維新人名事典」新人物往来社1994年刊 ・・・・・ 新島八重
「日本人名大辞典」講談社(ジャパンナレッジプラス)・・新島八重子


資料によって割れがあります。つまり、どちらの名前でも世の中に周知されていると判断できます。
そこで、このブログタイトルの問題となります。"子"の有る無し。
とくに明治から昭和前期にかけての女性の場合、名前の最後に子を付けて○子と呼称されたり、逆に○子から子を取った形で愛称としたり様々です。(かくいうわたしも「○子」という名前。友達からただ単に「○」と呼ばれることもあります)

女性の名前の最後につけられる"子"の有無、図書や参考資料により形が割れていても、どちらでも検索可能なよう、参照形などを作成し、同じ典拠IDの元にまとめています。


● 新島八重(子)の例
  11000273398-0000  新島八重子
 ←11000273398-4001 新島八重

● その他の例
 11000110806-0000  和辻照
 ←11000110806-0001 和辻照子


*統一標目の決め方についてはこちらをご覧下さい→「統一標目はこうして決まる」  新島八重(子)の場合は、調査した参考資料等において多く用いられている形から、統一標目を「新島八重子」としました。


新島八重子で検索したばかりに、新島八重での本が検索できない(またその逆もしかり)ことのないよう、図書館利用者と本の出会いがひとつでも多くなればと、典拠ファイルは作られています。
(注:女優の渡辺えりさんのように、渡辺えり子からの改名と判明した場合は、相互参照となります)


ところでNHK大河ドラマ「八重の桜」のホームページには、
その姿は後に讃えられる、「幕末のジャンヌ・ダルク」
たとえ「悪妻」と呼ばれようが、"不義には生きない"会津の頑固女!!

と紹介されていました。ジャンヌ・ダルク...悪妻...頑固女、なんだか豪快で胸がすくようです。大いに気になります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1510

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク