« どんなに名前が変わっても~MARCや検索のはなし~ | メイン | 手書きの新聞 »

この時期といえばやっぱり

こんにちは。内容目次班、山老です。
AV(録音・映像資料)から異動してきて3カ月弱。
まだまだ日々発見、修行の毎日です。


いつの間にか梅雨が開け、「酷暑」という言葉が朝から浮かびます。さて、この時期の風物詩といえば、背筋もぞぉっと凍りつく?アレでしょう。そうです。怪談です。
怪談は内容目次班泣かせと以前のブログ記事でもありました。独立した作品を集めた本が内容細目ファイルの入力対象。怪談本は大抵、短い作品がたくさん収録されています。特に百物語となれば百作品。タイトルも100、ヨミも100、ページ情報も100、著者がそれぞれ違えば各々入力しなくてはならない、なかなかの厄介モノだからです。私も異動早々、洗礼を受けました。


タイトルのどこかしらに「怪談」とついて、今年になってから出版された本をTOOLiで検索すると、現在61件。そのうち内容細目ファイルを作成しているものは31件。ほぼ半数ですね。いくつか中身を見てみると...


12003387 黒い百物語   100タイトル
12003390 五千四十の死  64タイトル
12016694 叫         35タイトル
12017376 日本の怪談ばなし 34タイトル
12032673 ひとり百物語  100タイトル

やはり1冊に収録されている作品数が多いものが多い。

以前にいたAV(録音・映像資料)でも、「(なんとか)ベスト100」なんてCDには苦労させられました。タイトル、ヨミ、演奏者がそれぞれ違えば各々入力するのは同じですから。
一見、1冊の本、1枚のCDで、中にどれだけのものを収録しているのか分からないポーカーフェイス(?)なところも似ています。


怖いものつながりでこういうのもありました。

12036478  占い大研究 なぜ人を引きつけるの?
目次情報ファイルを作成した児童書ですが、中に「こっくりさんで集団暴力」という記事がありました。小さい頃はすごく怖くて見るのも聞くのも嫌だった、懐かしのこっくりさん。ちらと見ると、あれは実は自己暗示というようなことが書いてあり、今更ながらに安心させてもらいました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1584

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク