« 新座ブックナリーってこんなところ | メイン | シリーズをまとめて読みたい »

新座ブックナリーってこんなところ②

昨日に引き続き、新座ブックナリーのご紹介第2回目。
今回は新座ブックナリーに入荷されたたくさんの本が、どのように保管されるのかを追ってみました。

新座ブックナリーは1日約6万冊入荷します。
nbn4mini.JPG
本が入荷すると、まず検品して在庫する場所を決定。
新座ブックナリーではB棟1~3階、C棟2・3階の合計5フロアが本の保管場所です。
ジャンルごとのフロアに分けられ、さらに同じタイトルの本がすでに在庫にある場合は、その在庫がある本棚へ、在庫がない場合は空いている本棚へ入るように振り分けられます。
行き先が決まると行き先の書いてある紙が本に挟み込まれ、それを元に配架します。

新座ブックナリーでは1タイトル平均12冊在庫していますが、在庫が100冊以上あるタイトルもたくさんあります。
001mini.JPG
在庫する冊数が多い本は棚に入りきらないので、パレットに積み上げられます。
025mini.JPG

入荷した本を棚入れする作業と、注文を受けた本を棚から抜く作業は必ず人の手で行います。
こうして入荷したときに決められた場所に配架されるので、注文を受けたときに本がどこにあるのかたくさんの本の中から探しやすくなっています。

次回第3回の2月27日(水)は、注文のあった本をこのたくさんの本棚から探してくる作業、ピッキングについて触れたいと思います。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1732

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク