« 深海のダンゴムシ | メイン | 日本全国本屋の旅 »

ピアニカかメロディオンか~新設件名のお知らせ2013年7月分~

明日発行の『週刊新刊全点案内』は、巻頭に「新設件名標目のお知らせ」を掲載しています。
新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。

7月は5件の件名を新設しました。
その中に「鍵盤ハーモニカ」という件名があります。


こどものベストヒットJ-POP150
湯川/徹(編曲)
民衆社(2013.8)


「鍵盤ハーモニカ」ではぴんとこない方も、「ピアニカ」といえばわかるのではないでしょうか。
小学校の音楽の授業でおなじみのあの楽器ですね。
わたしが子どもの頃は「メロディオン」と呼んでいました。
それが楽器名ではなく、商品名だとわかるまでには大分時間がかかりましたが...。

なんとなく、鍵盤ハーモニカは子ども用の楽器だという先入観があったので、学年が上がってリコーダーになったときは、ちょっぴり大人になったようで嬉しかった思い出があります。
しかし、今考えてみると、鍵盤ハーモニカの方がいろんな演奏の可能性があるんですよね。
息を吹き込む口の部分も、立って演奏するときにはパイプ状の吹き口を、座って演奏するときにはホース状のものを、と使い分けできますし。
リコーダーと違って和音も出せますしね。

もうちょっと鍵盤ハーモニカの醍醐味を味わっておけばよかったかな、と今更ながらに思うのでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1862

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク