« 斉・齊・斎・齋? | メイン | こまめにチャレンジ »

話題の3Dプリンタ~新設件名のお知らせ2014年1月分~

明日発行の『週刊新刊全点案内』は、巻頭に「新設件名標目のお知らせ」を掲載しています。
新設件名はTRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。


1月は11件の件名を新設しました。
今回注目の件名は、製造業に革命を起こすといわれている「3Dプリンタ」です。

3Dプリンタとは、一言でいうと「3Dデータをもとに立体物を作る装置」のこと。TRCでは長音無しの「3Dプリンタ」を件名標目としています。


「3Dプリンター革命」「3Dプリンターで世界はどう変わるのか」「3Dプリンター導入&制作完全活用ガイド」などなど、昨年から3Dプリンタの本がちらほらと刊行されるようになっており、個人的にかなり気になっていました。

なにやらスゴイ機械らしいのですが、本を読むだけではどうもイメージがわきません。


ということで、件名を新設した記念に、某電器屋さんで開催されていた「3Dプリンター体感セミナー」に参加してきました。
私がデモを見せてもらったのはこちら。一般ユーザー向けのパーソナル3Dプリンタです。

p20140203-1.JPG
(この写真は3Dプリント中です。実際はプリント開始前にはトレイの上には何もありません)


見た目からして普通のプリンタとはまったく違いますね。
この3Dプリンタに素材となる樹脂をセットし、3D CADのデータを読み込ませれば準備完了。

しばらく起動音がした後、「ウィーーン」とプリンタのヘッドが水平に細かく動きはじめました。製作中の様子はこんな感じです。

p20140203-2.JPG

ヘッドの先のノズルから細い糸状の樹脂がニョロニョロ~っと出てきて、それを幾層にも重ねていくことで立体物が作られていきます。
ちなみに素材の樹脂は、プリンタにセットする段階ではワイヤ状で、プリンタの中で溶かして液状にするしくみです。そのため、動作中はヘッド部分が高温になります。


そして15分後。完成したのがこちら!

p20140203-3.JPG

3Dプリンタで作ったのでなければ特にいらない感じですが(笑)、せっかくなのでもらって帰ってきました。


現在、すでに3Dプリンタを使った様々なサービスが始まっていて、子どもの描いた絵を立体化する、義足を作るといったものから、子宮内の胎児を3Dプリントするなんてものまであるそう。

慶應義塾大学SFCの図書館には、昨年から自由に使える3Dプリンタが設置されているそうですし、アメリカやカナダでは3Dプリンタを置いている公共図書館もあるとのこと。


大きな可能性を秘めている3Dプリンタ、今後の動向に注目です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1983

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク