« 文化財調査報告書のMARC 3(データ部ログ ダイジェスト 第3弾)図書館蔵書編 7 | メイン | 消費税について考える »

心やさしい1年生男子の冒険 ~1年生~

こんにちは、新刊目録の原田です。

4月の月曜日は「1年生」というテーマでお送りいたします。


私が、「1年生」で思い出すのは、この本。

大きい1年生と小さな2年生

古田足日さく 中山正美え
偕成社(1978)

小学校3年くらい...絵本ではなく、「読みもの」を
一人で読めるようになったころ、この本と出会いました。
図書館で何度か借りて、繰り返し読みました。

体が大きいけれど、内気な1年生男子、
学校から一人で帰るのも、ちょっと怖い。

そんな1年生の世話をやき、守ってくれる、
小柄だけど、しっかりしていて負けん気の強い2年生女子。

ダメダメな(?)大きい1年生は、ついに冒険に出ます。
「そんな遠くへ一人で行ってはダメ」と言われているところへ、
小さな2年生のために、ホタルブクロという花を採りに行きます。
彼女が、憧れている花です。

途中、いろいろと困ったことがあり、こわい思いもします。
でもついに...!!!

今、思うと、これって素敵なラブストーリーだなあ!

1年生だけど大きい、男の子なのにこわがり。
2年生だけど小さい、女の子なのに強い。

でも、やっぱり男の子は強さも持っていて、女の子は美しいものが好き。

ギャップがあったり、アンビバレントだったりする主人公、
それを肯定している物語に、魅かれていたようです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2032

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク