« データ部川柳~その3 職場の外編~ | メイン | 新しいのか古いのか~新設件名お知らせ2014年8月分~ »

「1冊(ページ付なし)」と「1冊」~MARCや検索のはなし~

月末にお届けしているMARCや検索のはなし。
今回はページ数の項目 「1冊(ページ付なし)」 と 「1冊」 についてお話ししたいと思います。


「1冊(ページ付なし)」は、図書にページ付=ノンブルがないときに入力します。
画集や写真集などには、ページ付がまったくない図書が結構あります。

これに対して「1冊」は、図書にページ付はあっても、それを採用しないときに入力します。
ページ付はないわけではないので、「(ページ付なし)」は入れません。


たとえばこんなとき。

*本文のページ付が4種類以上にわたるとき

3種類までのページ付は 「16,932p」 のようにコンマで区切って入力しますが、4種類以上あるときは「1冊」としています。
日本目録規則に 「ページ数の記録が煩雑にわたるときは、「1冊」と記録」(2.5.1.2B) とあり、TRCでは4種類以上のページ付を煩雑とみなしているためです。


*ノンブルのない本文が1/4以上にあり、最終ノンブルの記録では意味をなさないとき

200ページある図書なのに、ノンブルは90まで。これを 「90p」 と入力すると、MARCと実際の図書とのイメージが違ってしまいます。
「90ページだから薄めの本だよね」と思って棚を探すと、うまく見つけられないかも。
この場合も「1冊」と入力しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2142

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク