« 念願の宇宙旅行へ!? | メイン | ADEACを知っていますか?~ADEAC紹介編~ »

祝!ノーベル物理学賞受賞、そして50周年・・・~分類/件名のおはなし・54~

今年のノーベル物理学賞は、赤崎勇さん、天野浩さん、中村修二さんの3人が、「青色発光ダイオード」の発明により受賞しました。
「青色発光ダイオード」について書かれた本は、件名としては「発光ダイオード」、分類としては549.81です。
LEDは、「発光ダイオード」の参照語です。
「日本十進分類法 新訂9版」(NDC)を開いてみると、549の項目名は「電子工学」です。
そして、549.8は「固体電子工学:半導体素子,セレン,ゲルマニウム,シリコン」となっています。549.81が「ダイオード」です。
赤崎さんには、「青い光に魅せられて -青色LED開発物語-」という著書があります。分類は549.81、第1件名は「発光ダイオード」、第2件名は「赤崎勇」です。2013年刊行なのですが、今回の受賞と呼応するかのように思われます。

青い光に魅せられて 青色LED開発物語

赤崎勇(著)
日本経済新聞社(2013.3)

中村さんは著作が多いのですが、研究者としての姿勢や特許に関するものが多いようです。
「ごめん! -青色LED開発者最後の独白-」という著書は、分類が507.23(この分類の項目名は「特許」です)、第1件名は「特許」、第2件名は「発光ダイオード」です。

ごめん! 青色LED開発者最後の独白

中村修二(著)
ダイヤモンド社(2005.7)


話は変わりますが、2014年10月1日に、新幹線は開業50周年を迎えました。1964年のこの日、東海道新幹線が開業したのです。
新幹線についての本は、毎年コンスタントに刊行されていますが、今年はやはり多いようです。『週刊新刊全点案内』に掲載したもので、「新幹線」という件名を付与した本が今日までで45件、2013年は1年で19件でしたので、すでに倍以上刊行されています。
「新幹線」という件名は、新幹線について書かれた本に付与しているのですが、その本での取り上げ方、見方によって、NDCでは分類が違ってきます。
新幹線をテーマとする本は、概ね、NDCの516「鉄道工学」、546「電気鉄道」、686「鉄道」のどれかに分類されることが多いです。
516は鉄道の建設計画や工事などの分類ですが、516.7が「高速鉄道」という分類項目名で、新幹線の路線の建設工事などについての本は、この分類です。
546では、新幹線の車両形式についての本は、546.5「電気車.電動車と付属車」の分類になります。
5類は技術・工学的な取り上げ方のものですが、686は、「産業」の6類の、680「運輸.交通」の下にあります。新幹線の開業以来の歴史とか、現在の運行事情などについての本は、ここに分類されます。
1冊ご紹介しましょう。
「東海道新幹線50年の軌跡 -50のエピソードで綴る半世紀の歩み-」
分類は686.21、件名は「新幹線-歴史」です。

東海道新幹線50年の軌跡 50のエピソードで綴る半世紀の歩み
(キャンブックス 鉄道)

須田寛 福原俊一(著)
JTBパブリッシング(2014.10)

実家が関西地方なので、長年、東海道新幹線には、ずいぶんとお世話になってきました。車両の変化、スピードアップなど、初めて乗った頃に比べると夢のようです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2175

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク