« 飲めない人 | メイン | 廃墟の魅力~新設件名のお知らせ2014年11月分~ »

あなたの身長は? ~MARCや検索のはなし~

こんにちは。新刊目録伊藤です。

月末にお届けしているMARCや検索のはなし。
今回は図書の"大きさ"についてお話ししたいと思います。

日本目録規則 1987年版改訂3版「2.5.3大きさ」にはこうあります。

「2.5.3.2(記録の方法)大きさは外形の高さをセンチメートルの単位で,端数を切り上げて記録する。」

20cmを1mmでも越えればMARCに表記される大きさは21cmとなります。
21cmジャストの本も
20.5cmの本も
20.1cmの本も
MARC上は21cm。
ほとんど大きさに違いのない創元推理文庫と新潮文庫がそれぞれ15cm、16cmとなるのはこういった事情です。
この規則を知った時、四捨五入の方が大きさのイメージがつかみやすいのでは?と思った私、「書架に入れることを考慮している」というのを聞いて大変納得したのを覚えています。

しかし、ただ「外形の高さ」を機械的に記録するだけでは、図書のイメージを全く伝えられないことがあります。
「思ったより横長で書架からはみ出してしまう...」
「あれ、こんなに奥行の無い本だったの?」
そこで、こんな規則も。

「2.5.3.2C 縦長本,横長本,枡型本は,縦,横の長さを「×」印で結んで記録する。」

ちょっとややこしくなってきましたが、
「縦長本」とは縦の長さが横の2倍以上ある本のこと(縦≧横×2)。
単語帳やガイドブックなどでたまに見かけます。最近ではこんな本も。
  「うみの100かいだてのいえ」(ビッグブック) 116×21cm

「横長本」「枡型本」はそれぞれ、縦より横が長い本・縦と横が同じ長さの本(縦≦横)のこと。
こちらは絵本でよくありますね。
  「わたしのひみつ」 21×23cm
  「あくびがでたよ もうおやすみ」 17×17cm

"大きさ"はMARC上では大変地味な項目ですが、図書を検索した際にチェックしておくと、実物がイメージできて、書架を探す時に便利です。
またTOOLiでは、大きさからも図書の検索が可能です。
こちらも、ぜひご活用ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2203

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク