« 少女とダイヤモンド | メイン | バーチャルな技術 »

TRCむかし話(6)イヤーズブックスのこと


こんにちは。データ部新刊目録 大谷です。

月末にお届けしているMARCや検索のおはなしですが、今回は、データ部の局...いえ局という表現は僭越ですので古参の女性社員・大谷が語る「TRCむかし話」の続編です。


「図書館流通センターデータ部」が、一時、編者になっている出版物があります。
その名も「イヤーズブックス  -年版新刊案内-」。
1982年から、2004年まで刊行しておりました。
(TRC MARCの歴史を反映しているため、責任表示や出版者名には変遷があります)

おなじみの「新刊全点案内」が週刊なのに対し、前年に刊行された新刊の情報を一挙1冊にまとめた年鑑です(2002年版と2003年版は分冊)。現在皆様がご覧になっている新刊全点案内のイメージとは違い、リストがぎっしり並んだ誌面でしたが、図書館の選書ツールのひとつとして長年親しんでいただきました。


20150529-2.jpg


刊行するにあたっては、改めてイヤーズブックス仕様のゲラ刷りを出し、例によってまた端から端まで校正です。データ部全体で手分けをして、通常業務の合間を縫って作業します。MARCを作成するとき既に入念にチェックしているし、リストの出力項目はMARCの一部分だけだし、今更何も見つからないかと思いきや... リストの並び順がなんかヘン → ゲラには出ていないけどヨミの入力に間違いがあるに違いない... などといった先輩のカンの鋭さを知って慌てたものです。校正結果をまとめたらMARCをメンテナンスし、またその確認。

ついに本が出来上がってホカホカのデータ見本が届けられると、「自分たちの本ができた」という感動をちょっとばかし味わえました。

2001年からはインターネットサービスTOOLi、2005年からは、より詳しい情報を盛り込んだTRC MARC/Tタイプのご提供を開始。現在では、イヤーズブックスでご案内するよりずっと詳しい情報を縦横に検索し、選書・発注に役立てていただけるようになりました。

先日、TRC MARC累積件数は350万件を越えました。
より使いやすいMARC、選書ツールをご提供するべく、データ部もまだまだ進化していく所存にございます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2325

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク