« TRCむかし話(6)イヤーズブックスのこと | メイン | 天井ロマン »

バーチャルな技術

明日発行の『週刊新刊全点案内』は、巻頭に「新設件名標目のお知らせ」を掲載しています。
新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。

5月は5件の件名を新設しました。その中に「仮想化」という件名があります。
私は以前、WindowsXPでしか動かないアプリケーションを動かすため、Windows7のOSが入ったPCでWindowsXP環境を仮想化したことがあります。これは「OSの仮想化」ですが、仮想化には「ネットワークの仮想化」や「サーバーの仮想化」など他にも色々あるようで、その概念のすべてを理解するのはなかなか難しそうです。

TRC MARCを検索してみると、「仮想化」という言葉が図書のタイトルに入るようになったのは2006年頃からなので、ここ10年ぐらいで広く使われるようになった技術のようです。
新しい技術を主題とする本が出始めると、件名の新設を検討することになります。新しいモノには疎い方ですが、件名を新設することでなんとなく世間を知るのでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2330

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク