« きょうのデータ部(10/14) | メイン | 「じぇじぇじぇ」と「てっ」~分類/件名のおはなし・62~ »

第一印象は大事

10月の雑記のテーマは「動物」です。

前からやってきた一組の親子。すれ違いざま、こんな言葉が聞こえました。
「お母さん、キツネって本当にいるの?」
それに対するお母様の返答は聞こえなかったのですが、
女の子がどうして「キツネっていないのかも」と思ったのかが気になりました。キツネが化けて人間を騙す物語でも読んだのでしょうか。

というのも。この言葉を聞いてちょっと記憶を掘り起こしてみたのですが、
私、目の前で生きて動いているキツネ、見た覚えがないのです。
さすがに「本物見たこと無いでーす」ということはないと思います。思いますが。
あったとしても、具体的に「いつどこで」と言えないくらい遠い昔の話です。動物のたくさんいるところにはあまり近寄らないもので...。


キツネと聞いて私がイメージしたのは、
集まって幻燈を見ていたり...
人間界に手袋を買いに行ったり...
うなぎと格闘していたりする。
そんな姿でした。
私の動物に対するイメージはほとんど物語によって形成されたようです。
(ネズミは十数匹でイタチと戦っているイメージです。ヤギとオオカミの友情は成立すると思っています。)

思い返してみると、幼少期に出会ったキツネたちのなんとかわいらしいこと。
近所の動物園にはホンドギツネがいるそうなので、十数年ぶりに行って本物を見てきましょうか。


今回出てきた話はこちらです。
・キツネ
宮澤賢治「雪わたり」
新美南吉「手ぶくろを買いに」
新美南吉「ごんぎつね」

・ネズミとヤギとオオカミ
斎藤惇夫「冒険者たち」
きむらゆういち「あらしのよるに」


これ以外の「キツネの物語が読みたい」言われたら?
そう、読み物キーワードの出番です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2417

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク