« 甘いものも好きですが | メイン | ブッシュドノエルの作り方は? »

奏でる人々~典拠のはなし~

ここ東京でも紅葉を楽しめる季節になりました。
秋も深まり、夜長にクラシックを聴きながら眠りにつくような
優雅な夜を過ごせていない私ですが、
今日はCDの典拠ファイルの一例をご紹介しようと思います。

CDの情報源に、演奏者として
「ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団」
「Symphonieorchester der Volksoper Wien」
の2つの表記がありました。

累積典拠ファイルを検索してみますと、
統一形:ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団
参照形1:Orchester der Wiener Volksoper
参照形2:Vienna Folk Opera Orchestra
が見つかりました。   
しかし今回の欧文形に一致するものはありません。

ドイツ国立図書館、米国議会図書館等を確認したところ、
同じ楽団であることがわかりました。
(Wien=ドイツ語,Vienna=英語,Vienne=仏語)

そこで、日本語「ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団」を記述形とし、
欧文形「Symphonieorchester der Volksoper Wien」
を3つめの参照形として作成しました。

海外で活躍しているオーケストラは、日本語表記だけでも様々な上に
欧文形を含めるとかなり多くの表記違いがあります。
また、よく似ている表記にもかかわらず、まったく別のオーケストラが  見つかり、混同しないよう、さらに調査が必要になる場合もあります。

CDの表記、累積典拠ファイル、その他資料を見比べつつ、        典拠作業を進めています。

余談ですが、以前から気になっている某警備会社のTV・CMに流れる  ピアノ曲。明るく軽快で耳に優しく、癒されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2437

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク