« 山の日 | メイン | 出版者の役割表示―和漢古書の出版事項(9) »

和装本の置き方

今、みなさんが普段、目にする本棚は、本の背を表に見せた縦置きではないでしょうか。
しかし、この縦置きの文化は西洋から入ってきたもので、江戸時代までの本は横にして置かれていました。もし、時代劇で本が縦に置かれていたら、つっこみをいれてもいいと思います。

江戸時代の冊子は、「小口書き(こぐちがき)」といって、現代書で「地」と呼ぶ位置に書名を書き、横積みでもすぐにどの本なのかがわかるようにしていました。そのため、この小口書きが見えるように配架するのが一般的です。

ところで、我が家には和装本(といっても、高価でも由緒正しくもない、持ち主に相応なものです)があります。これを、普通の棚にデッドスペースを作らないように入れようすると、どうしても何冊も重ねて配架することになります。同じセットのものが重なっているのは構わないのですが、異なるセットや一冊物が横積みになっていると、取り出すのが厄介です。縦置きの本棚から1冊取り出すのとは違い、上に重なった本を移動させなくてはならないのですから。

ものぐさな私は、横積みの間から本を引き抜くのが面倒で、棚板がたくさんあればいいのでは?...と、思いはじめました。しかし、既製品に都合のよいものはみつからず。ただ、棚は見つかりませんでしたが、うまい方法に気づきました。我が家にはDIYの大好きな父がいたことを!

「こんな棚、作れる?」と父に言ってみると、作れるところを示したかったようで、家族総出の作業の末、写真の棚が完成しました。

20160602_082828 (2).jpg

DSC_0113 (3).jpg

高さ180cm、幅180cmの大作が出来上がりました! こうやって、200点(500冊くらい)を一度に並べてみると、ちょっと名のある蔵書家の書庫のように見え、安かった本もお高いように思えてくるものです。

※ちなみに、それぞれ1冊目から舌のように出ている白い紙には、書名・出版事項などが書いてあります。小口書きの位置になるように、差し込むようにしています。

(AS 小野澤)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2613

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク