« いつまでもクリスマス | メイン | 異文化を知るために~新設件名のお知らせ2016年10月分~ »

別タイトル

月末にお届けするMARCや検索のはなし。
今回は「別タイトル」について取り上げたいと思います。


TRC MARC Tタイプマニュアルでは、『タイトルに関する注記』の項目で
「ルビの位置にある説明的な語句は,便宜的に別タイトルとして入力する」としています。

たとえば、タイトル中の「ADHD」の文字の上に小さく「注意欠陥多動性障害」と表示のあるもの。
ADHD = 注意欠陥多動性障害のことね、と、ひとめで情報が伝わるので、とてもわかりやすいです。
とはいえ、これをタイトルとしてどう記述するかとなると、困ってしまいます。

「愛」の文字の上に「ラブ」とあったり、「真紅」に「あか」が付いているのなら、「これはこう書いて、こう読ませたいのだろう」ということでルビ読みとして扱いますが、それとは少し意図が違うと思われます。

そこで、このような場合には、タイトルとしては「ADHD」の形を採用、「注意欠陥多動性障害」の形は別タイトルとして注記します。

こうすれば「ADHD」「注意欠陥多動性障害」どちらの漢字形で検索しても、MARCを見つけられます。

もちろん「エーディーエイチディー」「チュウイケッカンタドウセイショウガイ」のどちらの読みでも、検索が可能です。


最近の図書では 「自衛隊はISのテロとどう戦うのか」( 別タイトル:自衛隊はイスラム国のテロとどう戦うのか) や、
「2週間で体が変わるグルテンフリー健康法」( 別タイトル:2週間で体が変わる小麦抜き健康法) などがありました。

「CVA保健医療ソーシャルワークと人権」( 別タイトル:脳血管障害保健医療ソーシャルワークと人権) などは、漢字形のタイトルの記述もあった方が、一般の人にも図書の内容がわかりやすいですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2665

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク